足がつるとは?

足がつるとは?

足がつる、こむら返りとは筋肉の痙攣が原因となって起こります。この筋肉の痙攣は、発汗などによる脱水とミネラル不足や、神経の異常反射などが原因となって起こります。また、極度の疲労によって筋肉が異常収縮を起こすことで痙攣が起こる場合もあります。運動で足がつる場合は水分不足などが原因となり、寝ている最中に足がつる場合は疲労や神経の誤作動が原因となっているようです。

足がつったときの症状

足がつると、途端に動けなくなるほどの強い痛みが起こります。痛みが酷いとその場にうずくまって立ち上がることも出来なくなるほどです。痛み以外の症状では動悸やめまい、大量の発汗が起こります。つっている部位は見ただけでわかるほどに筋肉が隆起して硬くなっています。足がつることは、安静にしていれば自然に鎮まる時もありますが鎮まるという保証がないので、苦しい思いをすることも少なくないのが難点と言えます。

足がつらないための予防

足がつるのは、筋肉が極度の疲労などで緊張状態に置かれることが主な原因となっていると言えます。そのため、疲労回復を早めるために足の血行を促進してあげることが最善の予防策であるといえます。足の血行を促進するためには、運動の前後や寝る前にストレッチやマッサージを行うことが大事です。また、足湯などで足周辺の体温を高めることも血行の改善に効果があります。血行の改善以外では、充分な水分補給とマグネシウムやカルシウムなどの不足しがちなミネラルを補給することが効果的です。

足がつった時の治療

運動後に足(ふくらはぎ)がつった場合は、膝を伸ばし、つま先を顔に近づけるようにしてふくらはぎをストレッチするのが一般的な治療法です。痙攣が治まったら、マッサージを行って足の血行を整えるようにします。

メディセル筋膜療法の勧め

メディセルはプロのサッカー選手も使用しています。サッカー選手が足をつってしまうとその後のプレーは著しく劣ってしまいます。つりそうな時、つることに対する予防の為にメディセルを受けているとかなりの予防になるとことで愛用されています。もちろんつった後の筋硬縮にも筋を緩め、痛みを緩和し、治癒促進に大きな働きをしてくれます。

メディセル筋膜療法を行っている近くの治療院検索はこちら

http://www.s-shougai.com/store/

サロン検索はこちら

治療院検索

小原整骨院
倉敷市平田615−1
TEL:086-486-3363
詳細はこちら

小原整骨院で愛と感動のひとときを!! 美と健康を追求されて

治療院検索

つよし整骨院
豊橋市西橋良町8-2
TEL:0532-39-6669
詳細はこちら

つよし整骨院です。