スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ傷害とは、スポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害(スポーツ障害)の総称です。

スポーツ外傷とは、1回の強い力で起きるケガです。運動中に他のプレーヤーとぶつかったり、勢いよく転ぶ、捻る、ボールが強く当たるといった原因がはっきりしている、偶発的な強い外力によって起こるケガです。身体に働く力が大きく、ケガの重症度も高くなりがちです。頸椎損傷や頚部捻挫、肩関節脱臼、肉離れ、突き指などはその好例です。また、アキレス腱の断裂は、普段スポーツをあまりやらない人が草野球や運動会などで急にスポーツをして受傷することが圧倒的に多いです。

スポーツ障害とは、使い過ぎ(オーバーユース)などで起こる慢性の障害です。一般的には比較的弱い力が運動器の同一部位に繰り返し加えられることによって起こります。身体が少しずつダメージを受けて、疲労から過労になり、さらに病気(病的疲労)になった状態です。原因としては、靴等の用具が悪い、コートや路面などのスポーツ環境が悪い、身体の手入れや使い方が悪い、練習量や練習内容などがあります。主な例としては、野球肘、テニス肘、半月板損傷、シンスプリント、疲労骨折などがあります。

スポーツ中にケガをした場合には、まず全身状態の把握をすることが大切です。意識状態、呼吸の乱れがないかなどを素早くチェックします。全身状態に異常がない場合には、応急手当としてRICE処置を行いましょう。R:安静(Rest)、I:冷却(Ice)、C:圧迫(Compression)、E:拳上(Elevation)の4つの言葉の頭文字をとったもので、捻挫、骨折、打撲など、ほとんどのスポーツ傷害に対応できる処置です。

ケガの部分が腫れるのは、局所に血液やリンパ液が溜まってくるからです。これらが溜まることで皮膚が圧迫され痛みを感じます。メディセルで溜まった血液やリンパ液を流してあげることで、腫れを抑え、痛みを軽減することができます。腫れて圧迫された状態になると癒着が生じます。癒着が起こると循環が悪くなり、溜まった血液やリンパ液が流れにくくなります。また、癒着していると周辺の筋肉の動きが悪くなり再発を招く原因ともなってしまいます。循環を良くし、癒着させないことが早期回復、再発防止に繋がります。

メディセル筋膜療法を行っている近くの治療院検索はこちら
http://www.s-shougai.com/store/

サロン検索はこちら

治療院検索

本町整骨院
一宮市本町4-3-1ルボテンサンビル1F
TEL:0586-73-1811
詳細はこちら

本町整骨院です。

治療院検索

さたけ接骨院
観音寺市坂本町3-3-45
TEL:0875-23-0122
詳細はこちら

当院は矯正によるバランス治療、最新の技術を提供する予約優先の