ジャンパー膝

ジャンプ動作による強い衝撃が腱の損傷を招くジャンパー膝

テニス肘

ジャンプ動作は多くのスポーツで多用されることもあって起こりやすいスポーツ障害です。ジャンパー膝は膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎という2種類の腱に起こる炎症の総称です。膝蓋腱は脛側、大腿四頭筋腱は太腿側にある腱のことで、膝の曲げ伸ばしの際に働く性質をもっています。オーバーユースによる疲労で筋肉の伸展性が低下し、大腿四頭筋腱の柔軟性が低下し、繰り返される着地やキックがストレスとなっておきる障害です。ジャンパー膝は膝蓋腱炎と大腿四頭筋付着部炎の片方または両方同時に発症し、膝の機能に障害をもたらすことがあります。

症状

メディセルで予防&コンディショニング

ジャンプ動作時は飛び上がった瞬間と着地した瞬間の2度に渡り膝に強い衝撃を与える。ジャンプ動作を繰り返すことで膝を動かす腱の損傷を招き、発症する膝の痛み。症状が重くなると膝蓋腱と大腿四頭筋腱の断裂につながる。

【発生しやすいスポーツ】

バスケットボールやバレーボール、バトミントンなどの一定の高さを頻繁に超えて攻撃する球技。
ハードル走などのジャンプ動作を頻繁に行う陸上競技など。

メディセルで予防&コンディショニング

野球肘

予防や完治後のケアにメディセルで下肢全体の血流アップ

ジャンパー膝は放置しておくと腱の破裂を招くためできるだけ早いうちに対処が必要です。初期は運動後のアイシングで痛みを沈め、炎症を抑えるように心がけます。予防や完治後のケアとしてメディセル施術をおすすめします。足裏からふくらはぎ、膝、太腿と下肢全体の血流をアップします。


サロン検索はこちら

治療院検索

はりきゅうマッサージまるふく
横浜市青葉区たちばな台2-8-11第9たちばな台ハウス101
TEL:045-878-0020
詳細はこちら

メディセル、鍼灸、マッサージをミックスさせた治療と経絡治療に

治療院検索

おがわ整骨院
北九州市小倉南区徳力1-2-25-B101
TEL:093-963-1125
詳細はこちら

手技療法を中心に体のバランスを整え痛みを楽にする治療を行って