オスグット・シュラッター病(膝関節障害)

成長期の若い世代に起こりやすい オスグット・シュラッター病(膝関節障害)

テニス肘

サッカーやバスケットボールなどのスポーツに取り組む中高生に多く見られるスポーツ障害です。成長期の骨の成長と筋・腱の成長のアンバランスが主な原因といわれています。脛骨の膝側にある軟骨が剥離して痛みを起こします。頚骨は大腿筋が付着している部分であるので、屈伸を伴う運動で痛みが生じます。進行すると骨の剥離骨折を引き起こし、痛みがひどくなる場合も。

症状

膝と脛に強い痛みを発生する。スポーツ活動中は支障がないが、練習後に違和感を感じることも。成長期に伴うスポーツ障害なので、骨の成長とともに自然治癒していくが、場合によって大人になってからも剥離した骨のために痛みが続く場合もある。

発生しやすいスポーツ

走ったり飛んだりといった膝の屈伸を行う運動のし過ぎが原因。
そのためサッカーやバレーボール、バスケットボール、陸上競技などのスポーツ選手に多い。

メディセルで予防&コンディショニング

野球肘

若い世代だからこそメディセル筋膜療法を

重度のオスグッド・シュラッター病はスポーツの断念も視野に入れなければなりません。将来の進路とも関わるスポーツ障害を回避するためにも、若い世代へメディセル筋膜療法をおすすめします。治療院検索から最寄りの治療院でご相談ください。

サロン検索はこちら

治療院検索

さたけ接骨院
観音寺市坂本町3-3-45
TEL:0875-23-0122
詳細はこちら

当院は矯正によるバランス治療、最新の技術を提供する予約優先の

治療院検索

長尾特針治療院
福岡市早良区有田6-9-3
TEL:092-874-1331
詳細はこちら

長尾特針治療院です。