野球肘

少年野球や高校野球、社会人野球のためのメディセル筋膜療法

スポーツの数だけルールや競い合う内容が異なります。そして、スポーツによってよく使う動作も違います。スポーツ少年団や高校野球、社会人野球など、野球は年齢問わず楽しめるスポーツです。そこで、野球で起こりやすいスポーツ障害についてご紹介します。メディセル筋膜療法は、年齢に問わずお役立ていただけます。治療院検索で最寄りの治療院にてお気軽にご相談ください。

代表的な野球肘の障害をクローズアップ!

内側側副靭帯損傷

野球動作の繰り返しによって肘の外反を制御する内側側副靭帯が伸びたような状態になっていることがほとんど。靭帯の小さな断裂の繰り返しや変性によるもの。投球歴の長いプレーヤーに多く見られます。

症状

 投球時の肘関節の内側痛が主な症状。特に加速期に痛みが起こる。日常動作では無症状がほとんど。重症の場合は日常動作で肘の不安定感や痛みを訴えるケースも。

上腕骨小頭離断性骨軟骨炎

肘離断性骨軟骨炎、上腕骨小頭骨軟骨障害とも呼ばれ、小学校高学年から中学校低学年に発症することが多い、野球肘外側障害の代表的なもの。投球動作における外板ストレスにより、上腕骨小頭の骨軟骨が変性、壊死を生じます。名前に炎とありますが、実際には炎症性ではありません。

症状

 肘関節の運動時や可動制限が主な症状。進行すると病巣部の骨軟骨片が遊離して関節内遊離体になり、ひっかかりやロッキングを来し、滑膜炎を起こすこともある。

投球動作の繰り返しによる疼痛 野球肘

野球肘は投球動作を積み重ねることによって起こる肘の痛みの総称で、発症の時期によって2つのタイプに分けられます。

野球肘

発育型野球肘

成長過程の骨端(骨の両側にある軟骨や成長線を含む部位)を中心とする骨軟骨の障害

成人型野球肘

成長完了後の関節軟骨や筋腱付着部の障害

投球動作は4つ

①ワインドアップ期

腕を振りかぶり、片足を上げるところまで。

②コッキング期

初期はボールがグローブから離れ、肩関節外転、足部着地まで。
後期は足部着地から肩関節最大外旋位まで。

③加速期(アクセレレーション期)

肩関節の最大外旋位からボールが手を離れる瞬間のボールリリースまで。

④フォロースルー期

ボールリリース以降、肩関節の最大内旋位から減速して腕を振り下ろすまで。

※野球肘は特に②コッキング期、③加速期(アクセレレーション期)、④フォロースルー期の動作を繰り返し行うことで発生することが多い。

障害の部位別の野球肘

内側型野球肘

投球動作で加速期に腕が前方に降り出される際に腕を外側に広げようとする力(外板ストレス)が働き、さらにその後のボールリリースからフォロースルー期に手首が手の甲側に曲がることから、手のひら側に曲がるため、前腕は内側に捻られます。手や指を手のひら側に曲げる筋肉である屈筋・回内筋の付着部である上腕骨内側上顆に牽引力が働きます。この動作の繰り返しによって内側側副靭帯損傷、回内・屈筋群筋筋膜炎、内側上顆骨端核障害などが起こります。

外側型野球肘

投球動作の加速期における外板ストレスにより、腕橈関節と呼ばれる肘関節の外側に圧迫力が働きます。さらにフォロースルー期に関節面にひねりの力も働きます。このストレスの繰り返しによって、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎、橈骨頭障害などが起こります。

後方型野球肘

投球の加速器における外板ストレスと減速期からフォロースルー期にいたる肘関節伸展強制によって、肘頭は上腕骨の後方にあるへこんだ部分に衝突するようなストレスを受けます。この動作の繰り返しにより、肘頭疲労骨折や骨棘形成が起こります。

サロン検索はこちら

治療院検索

いさか整骨院
和泉市和気町1-26-192F
TEL:0725-46-8466
詳細はこちら

外傷・スポーツ障害に強い、いさか整骨院です。

治療院検索

よしむら整骨院
神戸市須磨区東落合2丁目17−1
TEL:078-792-6822
詳細はこちら

よしむら整骨院です。