マラソン愛好家にありがちなスポーツ障害

マラソン愛好家のためのメディセル筋膜療法

ジョギングやマラソンを楽しむ人が増えてきています。走ること(ランニング)はスポーツにおいて基本的な要素。ランニングやマラソンなどで痛みを感じている人は、近年激増しています。
しかしながら、骨や腱・筋肉などに対して様々な治療をしても、痛みや不快感がなかなか取れないことがあります。その場合の最後の砦として、筋膜アプローチがあります。筋膜療法は近年注目されている療法ですが、メディセル筋膜療法は、メディセルという筋膜を吸いながらはがす機器を用いて行います。
マラソン愛好家にありがちなスポーツ障害の予防とケアのために、プロスポーツ選手やスポーツトレーナーの方々にも支持されているメディセル筋膜療法を紹介いたします。
走っていて何か不調を感じたら、早めにメディセル筋膜療法を行っている治療院に相談してください。最寄りの治療院は、治療院検索をご活用ください。

膝の構造

スポーツ障害の知識 vol.2

腸脛靭帯は大腿部の外側を覆う幅広い筋状の組織。靭帯という名前がついているが実は筋肉につながる腱のこと。つながっている筋肉は大体筋膜張筋で、骨盤の側方のやや前方に位置する。大転子の付近から下はすべて腱なので、筋肉の長さの割に腱が非常に長い特殊な形をしている。


スポーツ障害の知識

腸脛靭帯炎は摩擦によって起こり、痛みが発生する部分が2カ所ある。1つは膝、もうひとつは脚のつけ根の大転子部。ランニングのような繰り返し動作によって、骨と腱が擦れ合い、摩擦によって腱が炎症を起こす。大転子部に比べ、膝での発生が圧倒的に多いため、普通は膝の炎症をさす。腸脛靭帯そのものではなく、その裏にある潤液包という組織が炎症を起こしている。

腸脛靭帯は脛骨に付着しているため、膝の屈伸にともない、大腿骨下端にある外側上顆(突き出した部分)との位置関係が変化を起こす。膝を曲げているとき、腸脛靭帯は外側上顆のやや広報に位置するが、膝を伸ばすときに外側上顆の前方に移動する。つまり、膝を曲げ伸ばすとき、腸脛靭帯は突き出した骨と衝突や摩擦を繰り返している。

ランナー膝のためのメディセル筋膜療法

ランナー膝

ランナー膝(腸脛靭帯炎)になった場合は、痛みが出ない範囲でランニングを減らすか、走った後に痛む程度であれば、アイシングをきちんと行うことが大切です。大腿部の筋肉が疲労していると、腸脛靭帯の摩擦を強くするので、大腿四頭筋や腸脛靭帯のストレッチがおすすめです。典型的なオーバーユースによる障害なので、メディセル筋膜療法で筋膜をはがし、下半身の施術で血流をよくし、疲労物質を流しましょう。

膝を伸ばすときに痛むランナー膝(腸脛靭帯炎)

スポーツ障害の知識 vol.2

腸脛靭帯炎は別名「腸脛靭帯摩擦症候群」や「ランナー膝」「ランナーズニー」とも呼ばれ、陸上競技の長距離選手に多く見られるスポーツ障害です。ランニングブームで市民ランナーが症状を訴えるケースが増えています。特に走行フォームで脚の外側に体重を受けるクセのある人やO脚の人、関節の変形が進んで膝が不安定になっている人などに発生しやすいです。硬い路面や下り坂の走行、硬いシューズの使用などが負担の原因となっています。

症状:膝の外側に痛みを感じる

膝の外側に痛みを感じる
走っているとき、走り終えた後、患部を指で押した時などに起こる。初期は膝の外側が緊張するような、きしむような違和感や痛みを感じる。ランニング後に痛みが現れ、休むと治る。

重症化すると痛みで膝の曲げ伸ばしが困難になり、膝を伸ばしたまま歩く状態になる。

膝の屈伸と打撲をともなう種目に多いタナ障害

スポーツ障害の知識 vol.2

膝の関節の内部には、関節腔(かんせつこう)という空間があり、滑膜ヒダという膜のような壁で仕切られています。そのうち膝蓋骨(膝の皿)と大腿骨の間のヒダは、物を乗せる棚のように見えるため、タナと呼ばれています。膝関節を屈伸する際に、タナが大腿骨下端の内顆とぶつかってすれて炎症を起こして腫れます。

症状:膝蓋骨の内側下方が痛む

膝の皿の内側に痛みや引っ掛かり感があり、特に運動時に痛む。
長時間座っている時に違和感を覚えることもある。
膝の屈伸運動をしたときや椅子から立ち上がるときなどに膝に何か挟まるような感じがし、コキッコツッといった音がすることもある。


スポーツ障害の知識 vol.2

このような症状を長期間放置すると、膝を動かした時だけでなく、安静時にも痛みを感じたり、痛みが長引くようになる。

ランニングの着地の瞬間、衝撃吸収のために膝関節がわずかに曲がり、その後、地面を蹴って進みながら膝関節が伸びる。この動作の繰り返しでタナがずれたり、挟まったりして痛みが起こる。さらに大腿四頭筋の緊張が加わると膝蓋骨が大腿骨に押し付けられるため、タナと内顆との摩擦が大きくなる。

シンスプリントは脛と足裏にメディセル筋膜療法

シンスプリントは脛と足裏にメディセル筋膜療法

下腿三頭筋が疲労すると、柔軟性が低下し、筋膜の張力がより高くなるのでシンスプリントを引き起こしやすくなります。定期的に膝と足裏をメディセルで施術すると、疲労をためずにすむのでシンスプリントの予防にもなります。

タナ障害は太ももの全面を緩める

大腿四頭筋が疲労すると筋の緊張が高まり、タナの摩擦が強くなるためタナ障害が起こりやすくなります。膝周りの筋力を鍛えるトレーニングや柔軟性を高めるストレッチが有効です。メディセルでは大腿四頭筋にアプローチするため太ももの全面を重点的に緩めることができ、痛みを和らげます。

初心者に多く、すねの内側が痛むシンスプリント

スポーツ障害の知識 vol.2

シンスプリントはスポーツの現場で非常に多く見られる慢性のスポーツ障害。初心者に多く、トレーニング初期やシーズンが始まる春先に起こりやすい傾向があります。再発も多いことも特徴です。下腿三頭筋を覆う筋膜と、脛骨の骨膜との連結部付近が損傷し、脛骨の内側後縁の下から1/3から1/2の範囲に痛みが発生します。

症状

スポーツ障害の知識 vol.2

すねの内側に痛みが起こる
脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まり、筋肉が骨に付着するラインに沿って痛みが起こる。安静にしているときや日常生活動作では通常痛まないが、圧迫が加わることで痛む場合もある。

重傷化すると階段の上がり下がりや歩くことも辛い状態になる。

スポーツ障害の知識 vol.2

ランニング、ストップと方向転換、切り返し動作などで、下腿三頭筋の筋膜と脛骨の骨膜との連結部に、繰り返し張力を受けることで炎症を起こす。

スポーツ障害の知識 vol.2

土踏まずが下がるような動き(回内)が、筋膜の張力を高めるため、足のアーチが偏平足の選手にシンスプリントは多いといわれている。

サロン検索はこちら

治療院検索

芽ぐみ整骨院
木更津市請西南2-27-1イオンタウン内
TEL:0438-38-6218
詳細はこちら

芽ぐみ整骨院です。痛みでお困りの方と根本的に身体を調整したい

治療院検索

中野整骨院
大阪市西成区千本南1-3-14-103
TEL:06-6616-7993
詳細はこちら

中野整骨院です。